このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー


ホーム > ライフ > エクササイズ > バレエエクササイズ第2回「お腹の中から引き締める」



エクササイズ:バレエエクササイズ編 第2回「お腹の中から引き締める」

 しなやかな体を作るバレエエクササイズの2回目は「お腹の中から引き締める」です。
 今回は、バーを使ってのレッスンで、バレエの基本「プリエ」と「ルルベ」にチャレンジ。このエクササイズ、太ももに効くのかと思いきや、おなかに効果的なエクササイズなんです。
 正しいエクササイズで、夏に向けてバランスのとれたキレイな体を作っていきましょう。

基本の立ち方

(1) バーに向かって正面に立つ。バーを握る手は伸びきらないように注意。両手はしっかりとバーを握る。

(2) 体の中心=丹田を意識し、力を入れずに楽に立つ。自分の体が串団子になったイメージを持つと分かりやすい。丹田を中心に上下へ体の真ん中を貫通したラインが串、自分の体が団子。

(3) 丹田から足が出て、それが下に向かってどんどん伸びていくようなイメージを持って、足を床につけて立つ。

プリエ

プリエ
動画を見る LOW HIGH LOW HIGH

(1) バーに向かって「基本の立ち方」で立つ。

(2) かかとをつけ、足先はできるだけ開く(足の裏がぺったりと床につくぐらいまで)。ひざと足先が同じ方向を向くようにするのがベストだが、無理をしない。

(3) まず、かかとが床からあがらないギリギリまで、ひざを曲げる(ドゥミプリエ)。このとき、体の中心軸をしっかりと意識する。串団子の串が動かさずに、周りの団子だけが下に落ちていくようなイメージ。

(4) ゆっくり元の姿勢に戻る。動くのは自分の体=団子だけ。中心軸=串は動かさない。

(5) 次に(3)よりも深くひざを曲げる(グランプリエ)。かかとは自然に上がる。足が床の中にどんどん沈んでいくようなイメージで体重を落とす。中心軸の意識を忘れずに、おなかとお尻に意識を持っていく。

ルルベ

ルルベ
動画を見る LOW HIGH LOW HIGH

(1) バーに向かって「基本の立ち方」で立つ。

(2) かかとをつけ足先を開いて、ドゥミプリエをする。

(3) 元の姿勢に戻りながら、今度は止まらずにつま先立ちをするように、足の指で床を押す。体の中心軸の意識を忘れず、団子が串を中心に上下するイメージを持つ。

(4) ゆっくりかかとを下ろしてもとの姿勢に戻る。

日刊スポーツ記者も体験

記者
先生に「体の中心軸を意識して」とアドバイスを受けながらプリエに挑戦!

 バレエと言えば、バーレッスン。ということで、今回はバーを使ってのエクササイズです。まず、苦戦したのが、足先を180度開くということ。足先を開いた状態でひざを曲げずに立つのが出来ませんでした。鈴木先生からは「自分の出来るところまででいいんですよ。無理しすぎると上手にドゥミプリエが出来なくなります」。うん。その通りでした。「これぐらいいけるかなー」と開いてドゥミプリエすると、ひざがきちんと曲がる前にかかとが上がってしまって失敗でした。

 プリエもルルベも、体の中心軸をそのままに保つことがポイント。「自分の体が串団子になったようなイメージ」という先生の話、分かりやすかったです。「なるほどなぁ」って思いました。そこを意識してやると、自然と背筋や腰も伸びるし、真っ直ぐに立てるような気がします。

 自宅ではイスの背もたれや、窓枠などをバー代わりに使ってエクササイズできるので、手軽でオススメです。【矢島可奈子】

鈴木魅穂子プロフィル

鈴木魅穂子

 神奈川県横浜市生まれ。7歳よりバトントワリングを始め、14年間プレーヤーとして全日本選手権、全米オープンコンテストなどに出場。入賞。91年には指導者資格を取得。日本ヘルス&スポーツ学院ダンス留学科にてクラシックバレエ、ジャズダンス、モダンダンス、ボディーコンディショニングなどを学び、在学中にニューヨークで研修を受ける。卒業後はキューバの国立現代舞踊団にてモダンダンスを学び、滞在中に「一人一人が自分の体の中で使い方を見つけること」の必要性を実感。その後はバレエレッスンをベースにコンテンポラリー、バー・オ・ソル(床で行うバレエレッスン)なども学び、体の中を探究しつつ、ダンサーとしても活躍中。



このページの先頭へ