このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー


ホーム > ライフ > 釣り > 関西 > ニュース



関西釣り情報

琵琶湖真野沖 ブラックバス61センチ

o-ls-080302-1701.jpg吉村敏治さんが仕留めた61センチのブラックバス

 滋賀・琵琶湖でロクマルバスがヒット。岐阜・稲津町の吉村敏治さん(31)が21日、大津市小野の「オリーブ」(日刊銀鱗倶楽部加盟店)のレンタルボートで真野浜沖に出て61センチ(4320グラム)を仕留めた。

 吉村さんは午前7時から木浜沖で開始。浚渫(しゅんせつ)後や漁港周りで48、53センチをキャッチした後、真野浜沖へ移動。水深6メートルラインの黄緑色のウイードが点在するエリアで再開。テキサスリグ(バイズクロー・グリーンパンプキン)でボトムをズル引きながらウイードに引っ掛けてバスにアピール。ゆっくりと外して約10秒のステイで食わせるアプローチを繰り返すと正午前にコツと小アタリ。瞬時に仰け反るようにフッキング。ウイードに潜り込もうとする重量感のあるファイトを慎重にかわして見事、デカバスをネットに収めた。

 吉村さんは03年にも64センチを釣りあげブラックバスの部で「04年度日刊銀鱗倶楽部魚拓大会年間優秀賞」を受賞。「今年は自己最多となる年間3匹のロクマルを仕留めて再び同賞を狙います」と力強く話していた。

[2008年3月 2日 13:53 紙面から]


【PR】


最新ニュース

記事バックナンバー



このページの先頭へ