このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー


ホーム > ライフ > グルメ > 九州 > ニュース



九州グルメ情報

全天候型ビアガーデン登場/福岡

s-gu-beer-1.jpg博多リバレインのオークラビアガーデンは、雨にも風にもまけない全天候型

 初夏を迎え、ビアガーデンが各地でオープンしている。友人と同僚と、ジョッキを傾けるのは楽しいが、少し気になるのが当日の天気。梅雨や台風の時期に重なるだけに、テント席を設けるなど各施設も雨対策に抜かりはない。そんな中、全天候型の「オークラビアガーデン2006」が来月から80日間限定で、博多リバレイン・イニミニマニモ(福岡市博多区)に登場する。

 博多井筒屋(福岡市博多区)屋上に「バドワイザーカーニバル博多店」が18日にオープンした。開店から3日連続雨にも、全600席中160席が屋根付きのため、生ビールのジョッキを空ける客のそばで、バドガールのにぎやかな声が絶えることはなかった。波多野稔店長(32)は「天気予報のチェックは欠かせません」と、予報を基に15~30人のバドガール配置を考える。

 5~9月の梅雨、台風シーズンと重なるビアガーデンは、利用客も業者も、天気が気になる。多くの施設はテントや屋根付きのスペースを設けている。それでも、大雨や強風の日は客足が伸び悩む中、全天候型の強みを生かして予約制を取るのが「オークラビアガーデン2006」(福岡市博多区)だ。

 同店は6月16日~9月3日の80日間限定で、博多リバレイン内の商業施設「イニミニマニモ」で営業する。ビルの5~7階部分の屋内だが、幅25メートル長さ80メートル、総面積約2000平方メートルの庭園に約100席を配置、総ガラス張りの吹き抜けは高さ22メートルで開放感たっぷり。初開催だった昨年は連日ほぼ満席、今年も平日限定の前売り券が発売1週間で残り約500枚と好調な売れ行きだ。「天候に左右されないので、予約が埋まるペースは速いですね」と、運営を担当するホテルオークラ福岡料飲部料飲サービス課の菅誠課長代理は言う。

 昨年5~9月の福岡地区で10ミリ以上の雨が降ったのは18日間。平均8・5日に1回の雨を避けるか、空模様を気にせず屋内で楽しむか。どちらにしても、この夏も暑さは平年並みという予報だ。ビールのおいしい季節は、すぐそこまで来ている。【佐藤千晶】


 ◆オークラビアガーデン2006 ホテルオークラ福岡オリジナル地ビール、アサヒスーパードライ生ビール、焼酎などが飲み放題。料理も同ホテルのバイキングと同じ内容が食べ放題で、日曜には特別メニュー「仔羊(こひつじ)の丸焼き」が加わる。2時間で大人3800円、中学生~19歳2800円、4歳~小学生2100円。平日限定の大人前売り券3300円を発売中。前売り、当日ともに要予約。6月12日~9月3日、午後5時30分~午後10時(土日、祝日は午後5時開店)。福岡市博多区下川端3の1、博多リバレイン内イニミニマニモ5階。詳しい問い合わせは電話080・3189・8924。

バドガールとの思い出に乾杯

博多駅上のバドガールは、しばらく見納め-。03年から博多井筒屋屋上で営業してきた「バドワイザーカーニバル博多店」は、JR博多駅ビルの改築に伴い今夏限りとなる。昨年2万人以上を動員した同店の人気メニューは、スタイル抜群のバドガールによる「演出料理」。ゆで卵をむいたり、枝豆のつかみ取りをダンスと歌で盛り上げるなど4種類のメニューは、全国でも九州地区3店でしか体験できない。来夏は福岡市内の別の場所へ移転するため、今年は期間最後の1週間にファイナルイベントを行う予定。九州の玄関口の変身前に、九州美人と思い出の一杯はいかが。

 「バドワイザー生ビール(中ジョッキ)」609円「ムキムキ薫製(くんせい)玉子」504円「料理8品コース」2625円など。9月2日まで、午後5~11時。福岡市博多区博多駅中央街1の1、博多井筒屋屋上。電話092・412・8230。


予算平均3780円

 ビアガーデンの予算は平均3780円。キリンお酒と生活文化研究所が4月に実施した「ビアガーデンに関する意識調査」によると、インターネットでの有効回答6501人の平均予算は3780円で、年代による差は、ほとんどなかった。ビアガーデンを楽しむために、どんなことをしているか、という質問への回答1位は「最初の1杯のために日中の、のどの渇きを我慢する」で、全体の45%に上った。


 ◆ホテルヨーロッパ「母といっしょDAKARAプラン」 年齢問わず母子での利用が条件で、ハウステンボス入場券が付いて1泊朝食1万4000円~。同1万2000円~のフォレストヴィラ宿泊プランもある。~31日。電話0956・27・0011。

 ◆ソラーレ ホテルズ&リゾーツ「レディースルームキャンペーン」 足冷却シートなど休息セット3点付き1泊の「休息プラン」はチサンホテル博多7800円~、チサンホテル熊本6500円。休息セットに加えて特製パフェが付く「休息&スイーツプラン」はチサンホテル熊本のみで1泊7000円。~6月30日。電話03・6402・7120。

 ◆JALリゾート シーホークホテル福岡「ミステリーナイト 龍(ドラゴン)は赤い月を抱く」 九十九一(つくも・はじめ)演出、羽田恵里香出演のサスペンスドラマ観劇と、謎解きがセットになった滞在客参加型イベント。1泊2食付きで7月22日が2万7000円、同23日が2万5000円。電話092・844・7890。
※休前日料金や除外日など詳細は各施設に確認してください


軽さと芳醇さの中間の味わい

 南の島の、かわいいビールをカフェで楽しめる。タヒチアンノニ カフェ福岡(福岡市中央区)では20日から、タヒチ原産の地ビール「ヒナノビール」をメニューに追加した。「ヒナノ」はタヒチ語で「かわいい女の子」の意で、1955年の発売以来、同国を代表する銘柄になっている。軽いビールが多い外国産と、芳醇(ほうじゅん)な日本産の中間くらいの味わいで、330ミリリットル780円。問い合わせは同カフェ電話092・739・5820。

[2006年5月22日 18:03]


最新ニュース

記事バックナンバー



このページの先頭へ