このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー


ホーム > ライフ > グルメ > 九州 > ニュース



九州グルメ情報

ホルモン串ひと筋41年

s-le-060906-0001.jpgホルモンみすみのホルモン串は1串160円。創業以来、メニューはこの1品だけ

福岡の中心地天神に隣接する飲食エリア「春吉」で41年間のれんを守る「ホルモンみすみ」(福岡市中央区)を紹介

 6日から、毎週水曜日付のレジャー面は、繁盛店の自慢の一品を紹介するグルメ企画「この一皿」がスタート! 第1回は福岡の中心地天神に隣接する飲食エリア「春吉」で41年間のれんを守る「ホルモンみすみ」(福岡市中央区)を紹介する。65年の創業から「ホルモン串」(1本160円)だけで勝負している老舗だ。

 なんとも上品な味わいのみそ煮込みだ。佐賀産の白みそ(無添加)をベースにホルモンのうまみが染み出したスープ。他店にありがちなホルモン臭さを隠すための強い味付けではない。薄口に仕上げるのは、素材の鮮度によほどの自信があるのだろう。

 熊本・阿蘇産のホルモンを主に使う。串(くし)の根元から小腸、ゴンズ、赤センマイ、串先はハチノスかセンマイ。1串に4種類つなぐ。創業から変わらない順番だ。1種類ごとに違う噛み応えと滋味深さが後をひく。シンプルだが飽きはこない。

 みそ風味に一味唐辛子と刻みネギ(1椀100円)を加えるともうタマラナイ。噛み切る前にビールでストーンと胃袋に流し込み、またほおばるという繰り返し。“歯止め”が利かない、至福のひと時だ。
 3坪ほどの広さにカウンター10席。席に座ると、2代目主人の三角藤夫さん(50)が、まずは小皿に3本取り分けてくれる。「他のメニューを作ると店のバランスが崩れてしまう」。一品勝負にこだわる職人はキッパリと言い放った。

 追加はカウンター越しにあるスープを張った底の浅い鍋から手前に突き出した串を勝手に取るスタイルだ。1串160円。食べた串数で、お勘定となる。

 一人で食べた過去の最高記録は男性69串、女性45串。1日に平均で200串は出るとか。鍋に手を伸ばすのを止めるには、ちょっとした勇気がいる。【栗田真二郎】

 ◆ホルモンみすみ 午後5時~同10時。日曜祝日定休。ほかのメニューはなし。アルコールは瓶ビール、日本酒、焼酎、ソフトドリンクはウーロン茶、うっちん茶を用意。福岡市中央区春吉3の24の21。電話092・731・4779。

[2006年9月 6日 08:26]


最新ニュース

記事バックナンバー



このページの先頭へ