このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー


ホーム > ライフ > パチンコパチスロ > ニュース


ライフメニュー
パチンコパチスロメニュー

パチンコパチスロ情報

長期間経つ台は…/パチンコクリニック

 今回は前回の続き、実戦ホールであるP-ROOTs CASINOさんで最終的に腰を落ち着けた高回転率の台「CRピンクパンサー2W」の回転数がどんどん落ちていった続きからになります。

 今回の協力者である菊池さんは私に尋ねました。「打ち出しのストロークが安定せず、回転数が落ちてきてしまいました。どうすれば良いのでしょうか?」。私の答えは「私の台も同じです。この機種が導入されてから日数が経ち、台のバネ等が安定しなくなっているのです」。

 ここで非常に残念なことですが、実践を終了することにしました。導入から日数が経つと、台にはいろいろな不具合が生じる場合があります。今回のようにバネが安定しないとストロークが乱れ、高回転数が維持出来なくなる事も起こりうるのです。

 しかも今回は日曜の実践であり、店内の稼動はこの時ほぼ頂点に達しており、修理を頼む手もありましたが、忙しく働かれている店員さんの姿を見て、われわれは、その言葉を飲み込み遊戯を終了しました。

 その後、われわれ3人(菊池さん、担当の高木さん、おーさま)は、この地域の他のパチンコ店を巡りました。確認できたことは「この地域は年齢層の高いお客さんが多く、遊べる羽根デジの釘調整を良くしている(羽根物は除きます)」というものでした。

 このように地域によっては遊戯者の年齢層などにより、釘調整が良く有利に遊戯が出来る機種が生じている事があります。ぜひお住まいになられている地域、まだ行った事がない地域では、釘の良調整が期待できる機種を見定めていただきたいと思います。

 これで5回にわたって続けてきた日曜日における実践・立ち回りについてのお話を終わらせていただきます。ご協力いただいたP-ROOTs CASINOさん、菊池葵さん、そして最後までお読みいただいたみなさま、まことにありがとうございました。

◆パチプロ・おーさま
 約15年前の大学時代に「開店プロ」として、この道に入る。体感器攻略の全盛時代は「攻略プロ」として、あらゆる機種を攻略。現在は釘読みと立ち回りを中心とした「平打ちプロ」として稼働中。自分の前世が「王様」と信じて、ホール巡りを続ける。ホームページは http://patisuroosama.blog52.fc2.com/

[2007年7月30日 12:16]


最新ニュース

記事バックナンバー



このページの先頭へ