このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー


ホーム > ライフ > パチンコパチスロ > ニュース


ライフメニュー
パチンコパチスロメニュー

パチンコパチスロ情報

時短は含まない/七瀬がはなします

 質問 ハイパー海MTA(306・5分の1、実質確変50%)専門です。サラリーマンなので、平日は3時間、週末は10時間ずつで何とか月に2万5000回転くらい(時短含む)回しています。ハイパー海に限れば、去年の11月から今まで8万636回(時短含む)回しました。理論上の大当たり回数は526回だと思いますが、今の時点で490回。30回以上足りません。どうでしょうか。8万回してこんなに下ブレするものでしょうか? プロの方は8万くらい1カ月で回してしまうと思いますが、最悪に下ブレたときはどのくらいかなど、教えていただけると幸いです。不安を感じながら打っているとストレスがたまってしまうので、どうか助けてください。(ケイさん)

 ケイさん、質問ありがとうございます。文面からかなり真剣に稼働されている様子が伝わってきます! 微力ながら応援の意味を込めて回答させていただきますネ。

 まず根本的な間違いが総回転数に時短を含めてしまっていることです。おそらく、ケイさんの導き出した526回という数字は、80636÷306・5≒263で263×2=526。こんな形で計算したものと思われますが、これでは正確な理論上大当たり回数が出てきません。

 8万636回転から時短での回転数を引き、改めて『通常時総回転数÷110・5』この式で計算してみてください。違う数字が出てくるはずです。この110・5という数字は、御存知かもしれませんがトータル確率と言われているものの分母で、確率分母である306・5を平均連チャン回数で割ったものです(もちろん機種によって違うので、他の機種を打つ場合はネットや雑誌で調べてくださいね)。

 しかし、これで計算してやはり30回以上足りなくても全く問題ありません。疑心暗鬼になるのもよく分かりますが、1カ月フルで稼働して70回以上当たりが足りない事もありますし、またその逆もあり、そう簡単には理論値に近づかないものなので、安心してこれからもパチンコを楽しんでください♪

 ◆トータル確率の計算法 
 トータル確率は機種の実質的な確率です。まず確変のみで計算した平均連チャン回数はハイパー海MTAの実質確変率は50%なので
 1÷(1-0.5)=2回
 これが確変だけの連チャン数。
 さらに時短で引き戻す確率を求めます。100回ハマる確率は306.5÷305.5の100乗。ということは、100回以内に当たる確率は、1-(305.5/306.5の100乗)で求めます。
 つまり1-(0.996737…の100乗)=1-0.721229…=0.278770…%の確率で引き戻します。
 この数値が出れば、時短での連チャン率は最初に使った確変だけの連チャン率と同じ計算法で
 1÷(1-0.278770…)=1÷0.7212296…=1.3865209…
 時短100回で約1.39回の連チャンが加わります。
 両方を掛けると確変・時短を含めた平均連チャン回数が出ます。
 2×1.38652…=2.7730418…
 後は確率分母を平均連チャン回数で割る。
 306.5÷2.7730418…=110.5284…
 ということで『ハイパー海物語inカリブMTA』のトータル確率は約110.5分の1となります。

 ◆七瀬はな 稼動スタイルは開店・ネタ系・平打ちと状況次第で臨機応変に立ち回り、「食える」機種が出れば遠征も辞さないという万能型。その経験を生かし、現在はスカパー759chで「夜パチ必勝指南」や「パチトラ」に出演する傍ら、ライターとしても活躍中!

 七瀬はなさんへの質問を募集しています。よろしければ、現在の稼働時間(週に何日、1日何時間)、主に打っている機種、通っているホールの営業形態なども書き添えていただければ、答えやすくなります。はがき、封書の場合は〒530・8334 日刊スポーツ新聞社報道セクション「七瀬質問係」まで。メールはnanase@osaka.email.ne.jpまで。

[2008年2月18日 11:42]


最新ニュース

記事バックナンバー



このページの先頭へ