このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー


ホーム > ライフ > パチンコパチスロ > ニュース


ライフメニュー
パチンコパチスロメニュー

パチンコパチスロ情報

平均投資額/七瀬がはなします

 質問 最近になってマイホに大海やスパ海が増台されました。40個交換の店なんですが久しぶりに懐かしさもあって大海を打ったんですが、25回ペースで回っていたものの、お小遣いの3万円がなくなってしまいました。七瀬さんならいくらまで使いますか?(キリンさん)

 キリンさん、はじめまして! 実は私、趣味でミクシィをやってるんですけど、先日同じような質問メッセージが届いたんですよ。

 私のような立場にいると、なかなか気付かないんですけど、世の中の方たちは会社に勤め、家族を持ち、そしたら当然使えるお金は限られてしまいますよね。その中でパチンコを楽しみたい気持ちはとてもよく分かりますが、現行機種のほとんどがヘソ3個戻しのため、数年前に比べると投資スピードも速く、なおかつ大海・スパ海は確率分母が369・5分の1。流行の(?)300分の1程度の機種に比べたら、初当たりまでの道のりも少々長く、3万円なんてアッという間になくなってしまいます。仮に当たりをひけたとしてもそれが単発だったらノマレて追加投資という展開もあるわけです。

 そこで頭に入れておいて欲しいのが、持ち玉遊技になるまでの平均投資額です。これを私たちは確率分母の2倍を現金で回すものとして考えています。細かく計算したり、シミュレーションをすればもっと正確な数字は出てきますが、およそ確率分母の2倍だと考えておけば十分だと思います。すると大海の場合、369・5×2=739となり、1000円あたり25回なら、739÷25=29・56千円ということで約3万円が必要という計算になります。

 確率通りに当たりを引いたとしても3万円が必要になるわけですから、そこに不運という要素が加わればこれ以上に投資がかさむのは仕方のない事でしょう。「いくらまで使いますか?」と聞かれれば、お金ではなく、時間で決めることになります。40個交換という低換金店ですので、夕方の段階で持ち玉がなければ撤収の可能性が高くなります。ただし現金投資のボーダーを上回る1000円28回の回りがあれば、頑張るかもしれません。

 ◆期待値の計算法 現金投資時の回転率から期待値を計算
<データー>CR大海物語M56
  初当たり確率   1/369・5
  トータル確率   1/112・7
   平均出玉    1680個
1時間の獲得当たり数 2・2回
1000円あたりの回転数 25回
    換金率    40個
1時間の当たり数は回転率、機種ごとで異なる

 まず期待差玉を計算する。大当たり1回を獲得するには113(トータル確率)÷25回転=4.52で4520円が必要。これを玉数にすると4.52×250=1130個なので、1680個-1130個=550個と、当たり1回につき550個が「もうかる」。大海物語は1時間あたり2.2回の大当たりが取れるので、1時間で550個×2.2回=1210個の期待差玉が見込める。つまり12時間(終日)遊戯すると、1210個×12時間=14520個の期待差玉。

 次に投資予定金額は369.5×2÷25回転=29.56で2万9560円(本文参照)となるので、玉数にすると29.56×250個=7390玉(投資予定玉数)。

 以上のデータから期待収支を計算。終日打つと、手元に残るはずの玉と現金投資で借りた玉が使われたことになるので14520個+7390個=21910個。40個交換だと21910×100÷40=5万4775円になる。ここから投資金額2万9560円を引いた2万5215円が期待収支。

 ◆七瀬はな 稼動スタイルは開店・ネタ系・平打ちと状況次第で臨機応変に立ち回り、「食える」機種が出れば遠征も辞さないという万能型。その経験を生かし、現在はスカパー759chで「夜パチ必勝指南」や「パチトラ」に出演する傍ら、ライターとしても活躍中!

 七瀬はなさんへの質問を募集しています。よろしければ、現在の稼働時間(週に何日、1日何時間)、主に打っている機種、通っているホールの営業形態なども書き添えていただければ、答えやすくなります。はがき、封書の場合は〒530・8334 日刊スポーツ新聞社報道セクション「七瀬質問係」まで。メールはnanase@osaka.email.ne.jpまで。

[2008年3月 3日 17:05]


最新ニュース

記事バックナンバー



このページの先頭へ